RVボックスで作る大容量
サブバッテリーシステム


愛車にサブバテリーシステムを搭載したいと思いませんか?

サブバッテリーシステムは、エンジンをかけるだけで急速走行充電ができるので、知らず識らずの間に電気がどんどんたまっていきます。今流行のポータブル電源も車内で充電できますし、ドライヤーや電子レンジなどの大型100V家電も自由に使えます。災害時の非常電源としての役割も期待できますね。

しかし、本格的なシステムを搭載するには、専門ショップに車を預ける必要がありますし、制作工賃も高額になることがほとんどです。

そこで、キャンピングカーに搭載されているサブバッテリーシステムに勝るとも劣らない本格的なサブバッテリーシステムを、頑丈なRVボックスで制作し、宅配便でお届けできるしくみを作りました。

ボックス下部には大容量バッテリーが内蔵されています。ディープサイクルタイプとリチウムタイプがあります。
バッテリーボックスの上下を仕切る板はMDFの5ミリ板を使用しています。
家庭の100Vコンセントからの急速充電ができます。
ソーラーパネルからの充電ができます
温度センサースイッチです。ONにすると青色に光ります。
手前のコンセントは100Vコンセントからの充電時に使います。
車載するときは、イグニッション電源とバッ直(プラスマイナス)をカプラーオンで接続するだけでOK
エンジンスタートで自動的に急速充電ができる走行充電器
1200Wまでの家電製品がつかえるインバーターです。2000Wタイプもあります。
バッテリーの残量や使用電力量・充電量等がひと目でわかる多機能バッテリーメーター。
ボックス内の温度は温度センサーで管理されています。
フタは取り外して使うこともできます。
車載するための配線キット
ボックスの側面に開閉式コンセントがついています
排気ダクト内には80ミリの電動ファンが内蔵されています。45℃以上になると自動で稼働します。
電源ボックスは丈夫で、平均的な体格の方なら座っても大丈夫です

こんな使い方ができます

災害の停電時のスマホやタブレットの電源として、また、自宅の照明や冷蔵庫の電源として、ガレージの車内から電気をご利用いただくケースもあります。

停電が長期化する場合も、走行充電&ソーラーパネルとの組み合わせで、長期的に安定した電力確保が可能です。

洗車時に掃除機やカーポリッシャーを使いたいけど、電源がないことであきらめている方は多いかと思います。サブバテリーシステムが搭載されていれば、電源の場所にとらわれることなくいつでもどこでも好きな場所で掃除ができます。

エンジンを停止した状態でも100Vの電源が使えますので、照明や電気毛布など、車中泊に便利な家電製品を長時間ご利用いただけます。ドライヤーや電気ポットなど、大電力が必要な家電も使えますので、大変便利です。

騒音や排気ガスの問題で発電機が使えない場所でも、車載したサブバッテリーシステムから、延長コードリールを使ってご利用いただけます。車を近くに駐車できるなら、事前準備も不要で大電力が使えて大変便利です。

野球やサッカーなど、グランド・空き地に電源がないために夜間の練習を断念している方はたくさんおられるのではないでしょうか。そんなときも、車にサブバッテリーシステムが搭載されていれば、延長コードリールなどを使って、夜間の練習場所の電源供給ができるようになります。

今流行の大容量ポータブル電源。キャンプや車中泊に持ち出せばとても便利ですが、車内での充電スピードが遅いのがネックではありませんか?しかし、お車にサブバッテリーシステムが搭載されていれば、車内でも100Vでの充電ができるので、ポータブル電源の急速充電が可能になります。車に戻りさえすれば、すぐに急速充電ができる安心を手に入れてください。

製品紹介

オールインワン・サブバッテリーシステム

大型家電の稼動に強いリン酸鉄リチウムイオンバッテリーを使った、サブバッテリーシステムです。走行充電・ソーラー充電・100V充電の3つの充電ができます。車内では一般的なキャンピングカーを上回る600Wの急速走行充電が可能です。ポータブルエアコンや電子レンジ、IHクッキングヒーターなどの消費電力の高い家電を連続利用したい方、連泊での車中泊が多い方などに特におすすめです。搭載するバッテリーの大きさによって、3種類のボックスサイズがあります。

容量600Whのリン酸鉄リチウムイオンバッテリーを搭載した、当工房で最も小型&軽量のサブバッテリーシステムです。ソーラーパネル・100Vコンセント・走行充電の3つの充電方法に対応しています。お車のバッテリーからプラスとマイナスの配線をつないでいただくだけで、急速走行充電ができるサブバッテリーシステムを手軽に車載することができます。600Wまでの省電力な家電製品を使うことができます設置スペースの限られた軽自動車やワンボックスカー・ミニバンに最適です。

→「オールインワン・サブバッテリーシステムRS600」の詳しい情報はこちら

容量1200Whのリン酸鉄リチウムイオンバッテリーを搭載した、軽量小型のサブバッテリーシステムです。ソーラーパネル・100Vコンセント・走行充電の3つの充電方法に対応。お車のバッテリーからプラスとマイナスの配線をつないでいただくだけで、急速走行充電ができる本格サブバッテリーシステムを簡単に車載することができます。1200Wまでの家電製品が使えます。当工房人気ナンバーワンのシステムです。

「オールインワン・サブバッテリーシステムRS1200」の詳しい情報はこちら

容量2500Whのリン酸鉄リチウムイオンバッテリーを搭載した、大容量のサブバッテリーシステムです。ソーラーパネル・100Vコンセント・走行充電の3つの充電方法に対応。お車のバッテリーからプラスとマイナスの配線をつないでいただくだけで、最新のキャンピングカーに匹敵する大容量サブバッテリーシステムを簡単に車載することができます。2000Wまでの大型家電製品を使うことができます。ドライヤーや電子レンジ、IHクッキングヒーターを車内で使い方に最適です。

「オールインワン・サブバッテリーシステムRS2500」の詳しい情報はこちら

容量3500Whのリン酸鉄リチウムイオンバッテリーを搭載した、超大容量サブバッテリーシステムです。ソーラーパネル・100Vコンセント・走行充電の3つの充電方法に対応。お車のバッテリーからプラスとマイナスの配線をつないでいただくだけで、最新のキャンピングカーを上回る大容量サブバッテリーシステムを簡単に車載することができます。2000Wまでの大型家電製品を長時間使うことがるので、連泊が多い方におすすめします。

「オールインワン・サブバッテリーシステムRS3500」の詳しい情報はこちら

容量4000Whのリン酸鉄リチウムイオンバッテリーを搭載した、市販品にはない超大容量サブバッテリーシステムです。ソーラーパネル・100Vコンセント・走行充電の3つの充電方法に対応。お車のバッテリーからプラスとマイナスの配線をつないでいただくだけで、最新のキャンピングカーの倍以上の大容量サブバッテリーシステムを簡単に車載することができます。2000Wまでの家電製品を長時間安心して使うことができます。ポータブルエアコンの連続稼動にも最適です。

「オールインワン・サブバッテリーシステムRS4000」の詳しい情報はこちら

容量5000Whのリン酸鉄リチウムイオンバッテリーを搭載した、市販品にはない超大容量サブバッテリーシステムです。ソーラーパネル・100Vコンセント・走行充電の3つの充電方法に対応。お車のバッテリーからプラスとマイナスの配線をつないでいただくだけで、最新のキャンピングカーの倍以上の超大容量サブバッテリーシステムを簡単に車載することができます。2000Wまでの家電製品を長時間安心して使うことができます。キッチンカーの電源システムとしても最適です。

「オールインワン・サブバッテリーシステムRS5000」の詳しい情報はこちら

容量8000Whのリン酸鉄リチウムイオンバッテリーを搭載した、市販品にはない超大容量サブバッテリーシステムです。ソーラーパネル・100Vコンセント・走行充電の3つの充電方法に対応。お車のバッテリーからプラスとマイナスの配線をつないでいただくだけで、最新のキャンピングカーの倍以上の超大容量サブバッテリーシステムを簡単に車載することができます。2000Wまでの家電製品を長時間安心して使うことができます。キッチンカーの電源システムとしても最適です。

「オールインワン・サブバッテリーシステムRS8000」の詳しい情報はこちら

ウッドボックス・サブバッテリーシステム

オールインワン・サブバッテリーシステムを木製ボックス化。シート下などの空きスペースに収まるサイズで制作して、サブバッテリーシステムのすべてのパーツを組み込んでお届けします。車載時には、バッ直(プラスマイナス)を配線するだけでOK。最新のキャンピングカーをも上回る超大容量サブバッテリーシステムを手軽に車載していただけます。

RS8000をベースに、木製ボックスでフルカスタマイズできる、当工房最強の超大容量サブバッテリーシステムです。バッテリー容量はスペースの許す限り増大できます。独立型キッチンカーの電源システムとして人気のサブバッテリーシステム。

「ウッドボックス・サブバッテリーシステムWRS8000」の詳しい情報はこちら

制作を依頼されたい方へ

★使い方にあわせたパーツ構成でお見積りをいたします。詳しくはこちらの、お問い合わせページよりお気軽にご相談ください。

【ご注意】

DIYで制作したものですので、
神経質な方 またはメーカー品や新品のような
保証を希望される方には向いていません。

使用パーツのリニューアル・バージョンアップなどにより
紹介写真と一部異なる場合があります。

ご自身で制作される場合や車載される場合は
自己責任にてよろしくおねがいします。

最新情報

最近の投稿