【制作事例】
車種:ノア
容量1380Wh 出力1200W
【オールインワン・サブバッテリーシステムS1300】

S1200をベースに、ノア車載用配線キットを追加。100Vコンセントをボックス前面へ埋め込みました。

ボックス下部には1380Whの大容量ディープサイクルバッテリーが内蔵されています
バッテリーボックスの上下を仕切る板はMDFの5ミリ板を使用しています。
最大15Aの急速充電器です。メンテナンスモード搭載でボタン一つで簡単にバッテリーのメンテナンスができます
電源ボックス前面には開閉式のコンセントがあります。設置場所は前面&左右選ぶことができます。最大で1200Wまで利用できます。
ソーラーパネルの充電コントローラーです。ソーラーからどれくらい充電されているのかが表示されます。
手前のコンセントは充電時に使います
電気を使うときは、1、蓋を開けて 2、インバーターのスイッチを入れて 3、コンセントを差し込んでスタートです。
インバーターのボディーは放熱性の高いアルミ製です
右のスイッチは、サブバッテリーシステムのメインスイッチです。
エンジンをかけると、自動的にサブバッテリーを自動充電します。メインバッテリーの心配をすることなく、サブバッテリーを使うことができます。
車両側のバッ直(プラスマイナス)2本とアクセサリー電源1本をこの端子台に接続するだけで、簡単に本格サブバッテリーシステムを車載できます。
それぞれの機器には電動ファンが内蔵されています。ボックス内の温度が上昇すると、ボックスに取り付けられたファンも稼働します。
簡易残量計には、バッテリー残量と電圧、それにボックス内温度の表示ができます。
ボックス内の温度はセンサーで管理されています。設定温度になると、排気ファンが稼働します。
排気ダクトとコンセントがついている以外は、普通のRVボックス。幅680ミリ奥行380ミリ高さ340ミリ重量は30キロ
排気ダクトの中には80ミリの換気ファンが内蔵されています。ボックス内の温度が45度になると自動で換気します。
フタは工具無しで簡単に取り外すことができます。
フタを外したときの高さは約30センチ
移動させるときは、強度確保の都合上、フタを締めて持ち上げてください
丁寧に梱包して佐川急便さんでお届けいたします。

製品仕様

【製品仕様】

★重さ:約34キロ
★高さ:約34センチ(フタを外すと約30センチ)
★幅:約68センチ
★奥行き:約38センチ
★内蔵バッテリータイプ:ディープサイクルバッテリー
★内蔵バッテリー電池容量:1380Wh
★定格出力:1200W
★充電方法:ソーラー(10A)・AC100V(15A)・走行充電(30A)
★充電時間:AC100Vで約6時間
★電気取り出し口:ACコンセント2口

構成パーツ一覧

繰り返し充放電に強いディープサイクルバッテリーです。キャンピングカーやヨットのサブバッテリーとして人気の高い商品です。コントロールパネルの下に設置されています。(13059円)
https://amzn.to/2Vv6TM0

家庭のコンセントからバッテリーを充電するための充電器です。バッテリーの劣化防止のためのメンテナンス機能がついています。充電は全自動で行われますので操作はとても簡単です。(6,840円)
https://amzn.to/2OYGRze

100V充電器用のプラグです。(169円)
https://amzn.to/32Wp9Sm

走行中にサブバッテリーを充電するための充電器です。エンジンをかけると自動的に充電が始まります。(11,000円)
https://amzn.to/2D7XEch

バッ直とアクセサリー電源・12V出力をこの端子に接続します。(337円)
https://amzn.to/3g8CHAa

エンジン&アクセサリーONで、ソーラーパネルからの充電をOFFにするリレーになります。(490円)

https://amzn.to/2Ytfbap

ソーラー充電コントローラー・走行充電器を接続するために使用している配線コードになります。(1,499円)
https://amzn.to/3aTpjgt

ソーラーパネルから充電するためのコントローラーです。480Wまでのソーラーパネルを接続できます。ソーラーパネルを接続するだけで、充電は全自動で行われます。(2,700円)
https://renogy.jp/wanderer-30a-pwm-charge-controller/

ソーラーパネルと電源ボックスを接続するためのケーブルです。カプラーオンで簡単に接続できますの。同じ規格のコネクターを採用するソーラーパネルであれば、手軽に接続することができます。(899円)
https://amzn.to/2m5ZKUU

ソーラーパネルからのケーブルをこの端子に接続します。(257円)
https://amzn.to/2XeA5IE

定格出力1200Wの正弦波インバータです。バッテリーの電圧12Vを、家庭のコンセントと同じ100Vの電圧に変換する装置です。(18,960円)
https://amzn.to/32p2XhC

電源ボックス右側面に電源コンセントがついています。フタを開けると、家庭と同じ100Vのコンセントが見えます。防滴仕様。(1,631円)
https://amzn.to/2J7dx6d

電源コンセントの中にはめ込むパーツです。(282円)
https://amzn.to/2vYMFlN

100Vケーブルをインバーターにつなぐためのプラグです。(169円)
https://amzn.to/32Wp9Sm

インバーターと100Vの電源コンセントをつなぐケーブルです。(318円)
https://amzn.to/39t0Vlh

電源ボックス側面についている換気用のフードになります。電源ボックスの中の熱を排出します。(659円)
https://amzn.to/2kP6N4e

換気用フードの中に設置されています。電源ボックスの中の温度が45℃をこえると自動的に作動しますし、熱を排出します。(828円)
https://amzn.to/3b9nPOv

換気用ファンのカバーです。配線の巻き込みを防止します。(171円)
https://amzn.to/2Tqnv7c

電源ボックス換気用ファンの電源スイッチです。ONにすると青色に光ります。(659円)
https://amzn.to/2myZJJq

ボックス内部の温度を監視しています。内部温度が45℃になると換気用ファンが作動します。(1159円)
https://amzn.to/2w59JiN

バッテリーの電圧・残量&ボックス内の温度を計測できる簡易電圧計です。ボックス内の空きスペースに埋め込みます。(1,480円)
https://amzn.to/2UQd673

冷却用のファンやスイッチなどを接続するために使用している配線コードになります。(470円)
https://amzn.to/2QMxxPm

システムの本体になります。人が座っても大丈夫な堅牢性があります。(2,310円)
https://amzn.to/33RGQBu

コントロールパネルの化粧パネルとして使っている板です。(924円)
https://amzn.to/2SoV2hl

コントロールパネルに使用している木材です。柔らかく加工がしやすい特徴があります。(980円)
https://amzn.to/2mx2niZ

車からバッ直を配線するためのケーブルです。(1,345円)
https://amzn.to/3acuxTL

車からバッ直を配線するためのケーブルです。(1,345円)
https://amzn.to/2wzEUm2

バッ直に接続するサーキットブレーカーです。40A以上の電流が流れると回路を遮断します。レバーを戻すことで復帰します。(1,590円)
https://amzn.to/2WNr9uP

車のアクセサリー電源とサブバッテリーシステムをつなぐ配線コードになります。(260円)
https://amzn.to/2UwMR3O

ヒューズボックスから簡単にアクセサリー電源を取り出せます。(317円)
https://amzn.to/3ipPmQJ

走行充電用バッテリーケーブルをカプラーオンで接続するためのものです。サブバッテリーシステムを車から頻繁に積み下ろししたい場合に使うと便利です。(296円)
https://amzn.to/2XUIAZN

関西発、重量50キロの配送料金となります。(3,000円)
https://www.sagawa-exp.co.jp/send/fare/list/sagawa_faretable/faretable-8.html#ft01

サブバッテリーシステムの制作には40,000円の制作費をいただいてます。

制作を依頼されたい方へ

★使い方にあわせたパーツ構成でお見積りをいたします。詳しくはこちらの、お問い合わせページよりお気軽にご相談ください。

【ご注意】

DIYで制作したものですので、
神経質な方 またはメーカー品や新品のような
保証を希望される方には向いていません。

使用パーツのリニューアル・バージョンアップなどにより
紹介写真と一部異なる場合があります。


ご自身で制作される場合は
自己責任にてよろしくおねがいします。

ギャラリー