【柏原さまご依頼分】
車種:自宅用
【オールウッド・リチウムサブバッテリーWRS16000-24V】

WRS16000をベースに、・24Vリチウムイオンバッテリー310Ah8000Wh×2台(16,000Wh)・100V1460W急速充電器・3000Wインバーター・24V用ソーラー充電器(1600WMAX)・埋め込みUSBソケット・埋め込みシガーソケット・埋め込みQC3.0ソケット・8000Whバッテリーボックス2個とサブバッテリーシステム本体の3個木製仕様。通常は自宅で保管し、緊急時にはバッテリー1個とシステム本体を車載する予定あり。バッテリーをシステム本体の横に設置できるように配線を長めに制作。将来的にバッテリー増設&200V出力インバーター追加予定

 

【製品仕様】

★重さ:約115キロ(バッテリー45キロ2台+システム本体25キロ)
★高さ:約750ミリ
★幅:約660ミリ
★奥行き:約400ミリ(200ミリ+200ミリ)
★内蔵バッテリータイプ:リン酸鉄リチウムイオンバッテリー
★内蔵バッテリー電池容量:16,000Wh(8,000Wh✕2)
★定格出力:AC100V3000W
★充電方法:100V充電(1460W)・・ソーラー充電(1000W)
★充電時間:100V充電で約11時間・ソーラー充電で約16時間※すべて最大値
★電気取り出し口:ACコンセント6口

 

お見積り金額(964,397円)

パーツ代金合計(865,397円)・送料(9,000円)・工賃(90,000円)

納期:ご入金確認後約7週間程度で発送予定

ご入金方法:銀行振込(振り込み手数料ご負担)・クレジットカード決済(決済手数料4%ご負担)

下記が、制作パーツ一覧になります。

最後に、配送料と制作費を掲載しております。

寿命はディープサイクルバッテリーの約2倍、重さは半分。繰り返しの充放電に強いことはもちろん、1,000W以上の大きな電力に非常に強いバッテリーです。また、充電スピードも早く、急速充電やソーラー充電との相性も抜群です。キャンピングカーやヨットのサブバッテリーとして人気急上昇中の商品です。(320,000円×2台=640,000円)

バッテリーを並列に接続するためのケーブルです。3000Wの大電流に対応するために極太ケーブルを採用しています。(3,862円×4本=15,448円)
https://amzn.to/2wQK5hX

定格出力3000Wの正弦波インバータです。バッテリーの電圧24Vを、家庭のコンセントと同じ100Vの電圧に変換する装置です。(33,030円)
https://amzn.to/3guDi0N

100Vの電源コンセントです。ボックス壁面に埋め込み設置します。(294円×2=588円)
https://amzn.to/3pqZAm8

インバーターと100Vの電源コンセントをつなぐケーブルです。(318円)
https://amzn.to/39t0Vlh

バッテリーの端子台です。(1,645円×3台=4,935円)
https://amzn.to/3BlcRm3

家庭のコンセントからバッテリーを充電するための充電器です。最大1460W50Aで充電できます。16000Whのバッテリー容量なら、約11時間で充電完了します。350ミリ×150ミリ×90ミリ(59,800円)

自宅の100Vコンセントなどの外部100V電源から充電する場合、サブバッテリーシステムの100Vコンセントに接続されている電化製品はすべて外部電源から供給されるように自動切り替えできます。サブバッテリーの電力を消費することなく、電化製品を使うことができます。(9,800円)

100V充電器のプラグです。(157円)
https://amzn.to/32Wp9Sm

ソーラーパネルでサブバッテリーを自動的に充電するための充電器です。(35,000円)
https://renogy.jp/rover-60a-mppt-charge-controller/

24V出力・ソーラー充電ケーブルをこの端子台に接続します。(830円)
https://amzn.to/3Bf6h16

ソーラー充電コントローラー・走行充電器を接続するために使用している配線コードになります。(4,934円)
https://amzn.to/34JZJKv

ソーラーパネルと電源ボックスを接続するためのケーブルです。カプラーオンで簡単に接続できますの。同じ規格のコネクターを採用するソーラーパネルであれば、手軽に接続することができます。(899円)
https://amzn.to/2m5ZKUU

電圧、電流、消費電力、バッテリー残量を正確に表示することができます。特に、充電中の電圧、電流もマイナス表記で測れるので、バッテリーの運用状況をしっかり把握したい方にはおすすめです。(7200円)

https://amzn.to/33gbK9O

換気用フードの中に設置されています。電源ボックスの中の温度が45℃をこえると自動的に作動しますし、熱を排出します。(828円✕2=1,656円)
https://amzn.to/3c48zTM

換気用ファンのカバーです。配線の巻き込みを防止します。(171円✕2=342円)
https://amzn.to/2Tqnv7c

ボックス内部の温度を監視しています。内部温度が45℃になると換気用ファンが作動します。(1,150円)
https://amzn.to/2w59JiN

電源ボックスのメインスイッチです。ONにすると青色に光ります。(659円)
https://amzn.to/2myZJJq

システムの本体になります。すべてのパーツを組み込んだ状態でお届けいたします。厚さ12ミリの合版を使って制作します。サイズは800ミリ×400ミリ×260ミリを基本に、ご希望のサイズにカスタマイズできます。(40,000円)
https://amzn.to/2JZ1qbT

化粧パネルに使用している木材です。柔らかく加工がしやすい特徴があります。(980円)
https://amzn.to/2mx2niZ

冷却用のファンやスイッチなどを接続するために使用している配線コードになります。(523円)
https://amzn.to/2QMxxPm

24V出力用のサーキットブレーカーです。40A以上の電流が流れると回路を遮断します。レバーを戻すことで復帰します。(1,590円)
https://amzn.to/2WNr9uP

バッテリーとシステム本体との間に設置するスイッチになります。バッテリー並列接続作業時にのみ、オンオフ操作できます。ただし、通常運転後は、常にオン状態にしておき、もしオフにする場合は、必ずソーラー充電・走行充電・100V充電ケーブルをシステムから物理的に切り離してからオフにする必要があります。(2,000円)
https://amzn.to/3TEMpy

ボックス正面or側面に埋め込んで、シガーソケットの12V出力をつくることができます。(810円)
https://amzn.to/2LWGeaa

ボックス側面に埋め込んで、USBの出力をつくることができます。スマホなどの充電に最適です。(1,249円)
https://amzn.to/3nNn9bo

ボックス側面に埋め込んで、QC3.0+PDの出力をつくることができます。スマホなどの充電に最適です。(1,499円)
https://amzn.to/36bk4v2

大阪府箕面市発、70キロの配送料金となります。(3000円+3000円+3000円)
https://act.seino.co.jp/unchinMitsumoriOpen/unchinMitsumoriList.do

※個人宅は営業所ドメとなります。法人は直送OK

サブバッテリーシステムWRSシリーズの制作には90,000円の制作費をいただいてます。

パーツの操作方法

 

 
各パーツについて
簡単にご案内しておきます。

商品が到着しましたら、
下記を参考に各パーツの確認を行ってください。

  
 

温度センサースイッチ

このスイッチをオンにすると 温度センサーと排気ファンの電源が入ります。 排気ファンはボックス内の温度が設定温度以上(変更可)になると 自動的に作動します。 電気を利用する前・充電前または車載時には必ずこのスイッチをオンにしてください。 待機電力はほとんどありませんので 常時車載やソーラーを接続してでご利用するのであればスイッチオンのままでも 問題ありません。

インバーター

インバーターを使うときは、付属のリモコンから電源をON-OFFできます。電源がONになったことを確認して、サブバッテリーシステム横についているコンセントに、家電製品のコンセントプラグを差し込んでください。待機電力が1時間に8Wほどありますが、電源を入れっぱなしでも問題ありません。 使用電力が合計3000Wを超えると故障の原因になりますので、ドライヤーや電子レンジなど、 大型家電の接続の際には消費電力にご注意ください。

コンセント

インバーターの電源がONになっているとき、または、外部電源に接続されているときにコンセントが使えます。インバーターからの電気を使う場合は、左右それぞれのコンセントは最大1500Wまで、両方あわせて3000Wまでご利用できます。外部電源に接続されているときは、左右それぞれのコンセントは最大1500Wまで、両方あわせて1500Wまでご利用できます。

バススルー用コンセントプラグ

家庭の100Vコンセントから電気を引き込む場合は、こちらのコンセントプラグを接続します。コンセントプラグを接続すると、システムにつながっている100V家電製品はインバーター経由ではなく、外部電源から電気が供給されます。バッテリーの電気を使うことなく、家電製品を使うことができます。※外部コンセントに接続する場合は、インバーターの電源を必ずオフにしてから接続してください。※100V充電器の消費電力が最大で1300Wありますので、もし、サブバッテリーを充電しながら外部電源切り替え用コンセントプラグも接続する場合は、接続する外部電源の容量(1500W)を超えないようにご注意ください。※コンセントプラグを差し込むと同時に、切り替えリレーが作動する音が「ガツン!」となりますが故障ではありません。

100V充電用コンセントプラグ

家庭の100Vコンセントから充電する場合は、こちらのコンセントプラグを接続します。コンセントプラグを接続すると、100V充電器が作動して、サブバッテリーが自動的に充電されます。

100V充電器

コントロールパネル上のコンセントプラグを家庭の100Vコンセントに接続してください。充電はフルオートで行われます。充電中はリモコンスイッチのLEDが点滅します。充電中はバッテリーモニターが点滅して充電されていることが目視できます。※外部コンセントに接続すると、100V充電器が作動して、サブバッテリーが自動的に充電されますが、100V充電器の消費電力が最大で1400Wあります。ですので、もし、サブバッテリーを充電しながら車内で電気を使われる場合は、外部電源の容量(1500W)を超えないようにご注意ください。

ソーラーチャージャーコントローラー

ソーラーパネルを接続している場合は、太陽光がパネルにあたっている時、自動的にソーラー充電がスタートします。ソーラー充電中は、左から二番目のランプが点滅しあます。充電中は、バッテリーモニターが緑色に点滅して充電されていることが目視できます。

走行充電器

エンジンをかけると自動的に走行充電がスタートします。フルオートで充電することができます。走行充電中は、左端のランプが点滅します。充電中は、バッテリーモニターが緑色に点滅して充電されていることが目視できます。

端子台

上から、24V出力のプラス・24V出力のマイナス・走行充電のプラス・走行充電のマイナス・ソーラーのプラス・ソーラーのマイナスになります。車内の24V電装品をご利用の際はこの端子台から配線してください。

バッ直接続用カプラ

ボック側面に、赤いカプラーがついた赤と黒の配線が出ています。この配線のカプラーに、付属のバッ直ケーブルを接続してください。

バッ直ケーブル

車のバッテリーのプラスとマイナスのターミナルに、このバッ直ケーブルを接続します。プラスの配線にはヒューズがついています。

ソーラーパネル接続用カプラ

ボックス側面に、黒いカプラーがついた黒の配線が出ています。この配線のカプラーに、ソーラーパネルを接続してください。このカプラーの規格はMC4と言いまして、このカプラーがついているソーラーパネルであれば接続可能です。(ソーラーパネルは最大ワット数・最大ボルト数・最大アンペア数を超えないようにしてください。詳しくは走行充電・ソーラー充電器の説明書をお読みください。)

24V出力用ブレーカー兼スイッチ

走行充電用接続端子台の24V出力のブレーカースイッチになります。写真の状態でオフとなります。オンにするには、40Aと書かれているレバーを水平方向へまわします。オフにするには、左側のボタンを押します。40A(960W)以上の電気が流れると自動的にオフになります。

温度センサー

サブバッテリーシステム内の温度を感知して、設定した温度になると電動ファンを自動的に作動させる役割をしています。赤い数字は現在のシステム内の温度です。青い数字は、電動ファンが作動する温度です。初期設定では33℃で作動するようにしています。「SET」を押すと、青い数字を変更できます。設定温度になるとファンが作動し、2℃下がると自動的に停止します。

多機能バッテリーモニター

電圧と電流、消費電力、バッテリー残量をリアルタイムで測定できます。充電中は液晶が点滅します。

バッテリー

リチウムイオンバッテリーは、 過放電に弱いため、バッテリー残量が20%になるくらいで充電をおすすめします。0%まで使ってしまうと充電できなくなることがありますので過放電には十分ご注意ください。

排気ファン

インバーターと100V充電器には、それぞれ個別に電動ファンが内蔵されていますので、電気使用時にはそれぞれのファンが、自動で稼働します。サブバッテリーボックス内の温度が33℃以上(変更可)になると ボックス側面に取り付けられている排気ファンが自動で作動します。

インバーターリモコンスイッチ

100Vの電気を利用するときは、このスイッチをオンにしてください。

バッテリーキルスイッチ

システムとバッテリーを完全に切り離すことができます。バッテリーの接続時には必ずこのスイッチをオフにしてください。通常運転中はオンのままにします。

完成写真