【樋口さまお見積り】
車種:ハイエース
【ウッドボックス・サブバッテリーシステムWRS8000】

WRS8000をベースに、・車載用配線キット(5メートル)・100V40A充電器・外部電源切り替えリレーキット・漏電ブレーカー・メインサブ切り替えリレーキット・高出力端子台を追加。ボックスサイズは助手席後ろのシートした空きスペースに合わせて制作予定。持ち込みパーツ(50A走行充電器・バッテリーモニター・Bluetoothモジュール・すべて新品レノジー製)。車載は当工房近くのパーキングにて(バッ直・システム本体搭載・車両側12VLINE接続・車両側100VLINE接続・車両側外部電源LINE接続)。

 

【製品仕様】

★重さ:約70キロ
★高さ:約285ミリ
★幅:約800ミリ
★奥行き:約400ミリ
★内蔵バッテリータイプ:リン酸鉄リチウムイオンバッテリー
★内蔵バッテリー電池容量:8,000Wh
★定格出力:AC100V2000W・DC12V480W
★充電方法:走行充電(600W)・100V充電(480W)・・ソーラー充電(600W)※パネル別売り
★充電時間:走行充電で約13時間・100V充電で約16時間・ソーラー充電で約13時間※すべて最大値
★電気取り出し口:ACコンセント6口

 

お見積り金額(557,928円)

パーツ代金合計(467,928円)・送料(0円)・工賃(90,000円)

納期:ご入金確認後6週間程度で発送予定

ご入金方法:銀行振込(振り込み手数料ご負担)・クレジットカード決済(決済手数料4%ご負担)

下記が、制作パーツ一覧になります。

最後に、配送料と制作費を掲載しております。

寿命はディープサイクルバッテリーの約2倍、重さは半分。繰り返しの充放電に強いことはもちろん、1,000W以上の大きな電力に非常に強いバッテリーです。また、充電スピードも早く、急速充電やソーラー充電との相性も抜群です。キャンピングカーやヨットのサブバッテリーとして人気急上昇中の商品です。(329,000円)

バッテリーを並列に接続するためのケーブルです。3000Wの大電流に対応するために極太ケーブルを採用しています。(2,476円)
https://amzn.to/2wQK5hX

定格出力2000Wの正弦波インバータです。バッテリーの電圧12Vを、家庭のコンセントと同じ100Vの電圧に変換する装置です。(24,836円)
https://amzn.to/3oeQifO

100Vの電源コンセントです。ボックス内に設置します。(294円×2=588円)
https://amzn.to/3pqZAm8

インバーターと100Vの電源コンセントをつなぐケーブルです。(318円)
https://amzn.to/39t0Vlh

100V充電器のプラグです。(157円×2=314円)
https://amzn.to/32Wp9Sm

バッテリーからのプラス・マイナスの配線をこの端子に接続します。(1,386円×2=2,772円)
https://amzn.to/3idCu1D

バッ直と12V出力・ソーラー充電ケーブルをこの端子に接続します。(830円)
https://amzn.to/3Bf6h16

ソーラー充電コントローラー・走行充電器を接続するために使用している配線コードになります。(4,934円)
https://amzn.to/34JZJKv

ソーラーパネルと電源ボックスを接続するためのケーブルです。カプラーオンで簡単に接続できますの。同じ規格のコネクターを採用するソーラーパネルであれば、手軽に接続することができます。(899円)
https://amzn.to/2m5ZKUU

換気用フードの中に設置されています。電源ボックスの中の温度が45℃をこえると自動的に作動しますし、熱を排出します。(828円✕2=1,656円)
https://amzn.to/3c48zTM

換気用ファンのカバーです。配線の巻き込みを防止します。(171円✕2=342円)
https://amzn.to/2Tqnv7c

ボックス内部の温度を監視しています。内部温度が45℃になると換気用ファンが作動します。(1,150円)
https://amzn.to/2w59JiN

冷却用のファンやスイッチなどを接続するために使用している配線コードになります。(523円)
https://amzn.to/2QMxxPm

サブバッテリーシステムWRSシリーズの制作には90,000円の制作費をいただいてます。

追加オプションパーツ

システムの本体になります。すべてのパーツを組み込んだ状態でお届けいたします。厚さ12ミリの合版を使って制作します。サイズは800ミリ×400ミリ×260ミリを基本に、ご希望のサイズにカスタマイズできます。(40,000円)
https://amzn.to/2JZ1qbT

サブバッテリーシステムを車載するための配線キットです。お車のバッテリーのプラスとマイナスから1本ずつ配線すればOK。80Aヒューズワンタッチ脱着カプラー&バッテリー取り付け端子付き。(3メートル6,200円・4メートル8,000円・5メートル9,800円)

https://amzn.to/31Fxs6t

家庭のコンセントからバッテリーを充電するための充電器です。最大480W40Aで充電できます。8000Whのバッテリー容量なら、約16時間で充電完了します。260ミリ×150ミリ×90ミリ(29,800円)

自宅の100Vコンセントなどの外部100V電源から充電する場合、サブバッテリーシステムの100Vコンセントに接続されている電化製品はすべて外部電源から供給されるように自動切り替えできます。サブバッテリーの電力を消費することなく、電化製品を使うことができます。(9,800円)

カーステやナビゲーション・フリップダウンモニターなどを、エンジンOFF時でもサブバッテリーの電源で稼働させることができるリレーキットです。付属のスイッチをオンにすると、サブからの電力供給、オフにすると車両からの電力供給に切り替えることができます。※リレーキットはカーステの配線に割り込ませる作業が必要になりますので、カーナビなどの取り付けノウハウが必要です。※このリレーキットは、すべてのナビ・テレビなどで動作確認がとれているわけではありませんので、一部動作しない機種もありますことご了承ください。ちなみに、今までそういった車種はありませんでしたが、ナビテレビなどは日々進化しており、新型に対応しているかどうかなどは未知数なものがあります。。。(5,000円)

 

バッテリーモニターを車内の好きな場所に設置したい場合は、ボックス内に埋め込まずに配線(6メートル)をボックスの外へ出して制作できます。(0円)

カークーラーやムーバーなど、12V電源で稼動する大型家電を接続する専用の端子台になります。最大1560Wまで対応。スタッド端子台・38SQ配線・22SQ配線とセットになります。(4,000円)
https://amzn.to/3t5wLxT

サブバッテリーシステムに接続した100V家電製品に漏電が発生した場合に、電気を遮断します。(2,490円)
https://amzn.to/3DT8aCq

持ち込みパーツ

最大50Aで充電できる走行充電器。(7月17日お預かり済み)
https://renogy.jp/50a-dc-dc-on-board-battery-charger-with-mppt-charge-controller/

電圧、電流、消費電力、バッテリー残量を正確に表示することができます。特に、充電中の電圧、電流もマイナス表記で測れるので、バッテリーの運用状況をしっかり把握したい方にはおすすめです。(7月17日お預かり済み

https://amzn.to/33gbK9O

スマホとBluetooth接続することで、スマホアプリからソーラ充電と走行充電の充電状況をチェックすることができます。(7月17日お預かり済み

https://renogy.jp/bt-2-bluetooth/

各パーツの操作方法

 

 
各パーツについて
簡単にご案内しておきます。

商品が到着しましたら、
下記を参考に各パーツの確認を行ってください。

  
 

システム本体

システム本体は、12ミリ(天板は9ミリ)のベニアで作られています。天板はメンテナンス用として、簡単に取り外しができるようになっています。

温度センサースイッチ(丸形)

このスイッチをオンにすると 温度センサーと排気ファンの電源が入ります。 排気ファンはボックス内の温度が設定温度以上(変更可)になると 自動的に作動します。 電気を利用する前・充電前または車載時には必ずこのスイッチをオンにしてください。 待機電力はほとんどありませんので 常時車載やソーラーを接続してでご利用するのであればスイッチオンのままでも 問題ありません。

温度センサーコントローラー

赤い数字が現在のシステム本体内の温度になります。青い数字は排気ファンがストップする温度になります。排気ファンはボックス内の温度が青い温度プラス2度になると作動し、青色の温度まで下がると自動的にストップします。 青い数字を変更するには、①「SET」ボタンを長押します。②上下の→で青い数字を変更します。③お好みの数字になったら、「SET」ボタンを押して完了です。
システム内の温度は、40度以下をキープするように設定してください。

季節によっては、設置場所の温度が高温になり、常にファンが作動してしまう場合があります。その場合は、ファン作動温度を少しあげるなどして、調整するようにしてください。

インバーターリモコンスイッチ

100Vの電気を利用するときは、このスイッチをオンにしてください。待機電力が8Wほどありますので、電気を利用しないときは、常にオフにしておいてください。車内の見やすい操作しやすい場所に設置してください。

コンセント(埋め込み)

インバーターの電源がONになっているとき、または、外部電源に接続されているときにコンセントが使えます。インバーターからの電気を使う場合は、左右それぞれのコンセントは最大1500Wまで、両方あわせて2000Wまでご利用できます。外部電源に接続されているときは、左右それぞれのコンセントは最大1500Wまで、両方あわせて1500Wまでご利用できます。

多機能バッテリーモニター

電圧と電流、消費電力、バッテリー残量をリアルタイムで測定できます。充電中は電流の数値がマイナスになり、液晶が点滅します。電気を消費しているときは、電流の数値がプラスになり、液晶が点灯します。車内の見やすい場所に設置してください。

バススルー用コンセントプラグ

家庭の100Vコンセントから電気を引き込む場合は、こちらのコンセントプラグを接続します。コンセントプラグを接続すると、システムにつながっている100V家電製品はインバーター経由ではなく、外部電源から電気が供給されます。バッテリーの電気を使うことなく、家電製品を使うことができます。※外部コンセントに接続する場合は、インバーターの電源を必ずオフにしてから接続してください。※100V充電器の消費電力が750W程度ありますので、もし、サブバッテリーを充電しながら外部電源切り替え用コンセントプラグも接続する場合は、接続する外部電源の容量(1500W)を超えないようにご注意ください。※コンセントプラグを差し込むと同時に、切り替えリレーが作動する音が「ガツン!」となりますが故障ではありません。

100V充電用コンセントプラグ

家庭の100Vコンセントから充電する場合は、こちらのコンセントプラグを接続します。コンセントプラグを接続すると、100V充電器が作動して、サブバッテリーが自動的に充電されます。※100V充電器の消費電力が750W程度ありますので、もし、サブバッテリーを充電しながら外部電源切り替え用コンセントプラグも接続する場合は、接続する外部電源の容量(1500W)を超えないようにご注意ください。

バッ直接続用カプラ

ボック側面に、赤いカプラーがついた赤と黒の配線が出ています。この配線のカプラーに、付属のバッ直ケーブルを接続してください。

端子台

上から、12V出力のプラス・12V出力のマイナス・走行充電のプラス・走行充電のマイナス・ソーラーのプラス・ソーラーのマイナスになります。車内の12V電装品をご利用の際はこの端子台から配線してください。

バッ直ケーブル

車のバッテリーのプラスとマイナスのターミナルに、このバッ直ケーブルを接続します。プラスの配線にはヒューズがついています。

ソーラーパネル接続用カプラ

ボックス側面に、黒いカプラーがついた黒の配線が出ています。この配線のカプラーに、ソーラーパネルを接続してください。このカプラーの規格はMC4と言いまして、このカプラーがついているソーラーパネルであれば接続可能です。(ソーラーパネルは最大ワット数・最大ボルト数・最大アンペア数を超えないようにしてください。詳しくは走行充電・ソーラー充電器の説明書をお読みください。)

排気ファン

インバーターと100V充電器には、それぞれ個別に電動ファンが内蔵されていますので、電気使用時にはそれぞれのファンが、自動で稼働します。サブバッテリーボックス内の温度が33℃以上(変更可)になると ボックス側面に取り付けられている排気ファンが自動で作動します。

ギャラリー