【松井さま】
車種:クレーン

【オールインワン・リチウムサブバッテリーRS2400-24Vシステム】

RS1200をベースに、24Vリチウムイオンバッテリー・24V走行充電器・車載用配線キット(3メートル)を追加。ソーラー充電と100V充電関連パーツは撤去。バッテリーモニター外付け加工。

【製品仕様】

★重さ:約30キロ
★高さ:約34センチ(フタを外すと31センチ)
★幅:約68センチ
★奥行き:約38センチ
★内蔵バッテリータイプ:リチウムイオンバッテリー24Vシステム
★内蔵バッテリー電池容量:2400Wh
★定格出力:AC100V1500W

★充電方法:走行充電(30A)
★充電時間:走行充電で約3.3時間
★電気取り出し口:ACコンセント2口

 

お見積り金額(246,851円)

パーツ代金合計(183,851円)・送料(3,000円)・工賃(60,000円)

納期:1月25日ごろ出荷予定

ご入金方法:銀行振込(振り込み手数料ご負担)・クレジットカード決済(決済手数料4%ご負担)
※ご入金確認後の制作スタートとなります。

下記が、制作パーツ一覧になります。

最後に、配送料と制作費を掲載しております。

寿命はディープサイクルバッテリーの約2倍、重さは半分。繰り返しの充放電に強いことはもちろん、1,000W以上の大きな電力に非常に強いバッテリーです。また、充電スピードも早く、急速充電やソーラー充電との相性も抜群です。キャンピングカーやヨットのサブバッテリーとして人気急上昇中の商品です。(120,000円)

エンジンオンでサブバッテリーを自動的に充電するための充電器です。(15,800円)
https://amzn.to/38yUNc2

バッ直とアクセサリー電源・12V出力をこの端子に接続します。(742円)
https://amzn.to/3injdZQ

ソーラー充電コントローラー・走行充電器を接続するために使用している配線コードになります。(4,934円)
https://amzn.to/34JZJKv

電圧、電流、消費電力、バッテリー残量を正確に表示することができます。特に、充電中の電圧、電流もマイナス表記で測れるので、バッテリーの運用状況をしっかり把握したい方にはおすすめです。(9,000円)

https://renogy.jp/renogy-battery-remote-meter/

定格出力1500Wの正弦波インバータです。バッテリーの電圧24Vを、家庭のコンセントと同じ100Vの電圧に変換する装置です。(18,936円)
https://amzn.to/3thXngq

電源ボックス右側面に電源コンセントがついています。フタを開けると、家庭と同じ100Vのコンセントが見えます。防滴仕様。(1,631円)
https://amzn.to/2J7dx6d

電源コンセントの中にはめ込むパーツです。(282円)
https://amzn.to/2vYMFlN

100Vケーブルをインバーターにつなぐためのプラグです。(169円)
https://amzn.to/32Wp9Sm

インバーターと100Vの電源コンセントをつなぐケーブルです。(318円)
https://amzn.to/39t0Vlh

電源ボックス側面についている換気用のフードになります。電源ボックスの中の熱を排出します。(659円)
https://amzn.to/2kP6N4e

換気用フードの中に設置されています。電源ボックスの中の温度が45℃をこえると自動的に作動しますし、熱を排出します。(828円)
https://amzn.to/3b9nPOv

換気用ファンのカバーです。配線の巻き込みを防止します。(171円)
https://amzn.to/2Tqnv7c

温度センサーの電源スイッチです。ONにすると青色に光ります。(659円)
https://amzn.to/2myZJJq

ボックス内部の温度を監視しています。内部温度が設定温度(変更可)になると換気用ファンが作動します。(1,159円)
https://amzn.to/2w59JiN

冷却用のファンやスイッチなどを接続するために使用している配線コードになります。(470円)
https://amzn.to/2QMxxPm

システムの本体になります。人が座っても大丈夫な堅牢性があります。(2,189円)
https://amzn.to/33RGQBu

コントロールパネルの化粧パネルとして使っている板です。(924円)
https://amzn.to/2SoV2hl

コントロールパネルに使用している木材です。柔らかく加工がしやすい特徴があります。(980円)
https://amzn.to/2mx2niZ

サブバッテリーシステムを車載するための配線キットです。お車のバッテリーのプラスとマイナスから1本ずつ配線すればOK。40Aヒューズワンタッチ脱着カプラー&バッテリー取り付け端子付き。(4000円)

https://amzn.to/31Fxs6t

関西発、重量50キロの配送料金となります。(3,000円)
https://www.sagawa-exp.co.jp/send/fare/list/sagawa_faretable/faretable-8.html#ft01

24Vサブバッテリーシステムの制作には60,000円の制作費をいただいてます。

その他注意事項

横転注意

サブバッテリーボックスは精密機器ですので、強い衝撃はできるだけ避けて、横転させないようにご注意ください。

持ち運び注意

サブバッテリーシステムは、重量30キロオーバーと、大変重たくなっています。取り扱いには注意し、怪我のないようにしてください。設置などで持ち運ぶ場合は、本体側面両サイドの取っ手をしっかり持ってください。

ショート注意

コントロールパネルの各パーツの配線部分には、金属の端子がむき出しになっている部分があります。この部分に工具などの金属が触れてしまうと、ショートして大変危険です。コントロールパネルには物を置かないようにご注意願います。

各パーツについてのご案内

 

 
各パーツについて
簡単にご案内しておきます。

商品が到着しましたら、
下記を参考に各パーツの確認を行ってください。

  
 

温度センサースイッチ

このスイッチをオンにすると 温度センサーと排気ファンの電源が入ります。 排気ファンはボックス内の温度が設定温度以上(変更可)になると 自動的に作動します。 電気を利用する前・充電前には必ずこのスイッチをオンにしてください。 待機電力はほとんどありませんので 常時車載やソーラーを接続してでご利用するのであればスイッチオンのままでも 問題ありません。

インバーター

インバーターを使うときは、インバーター本体側面のスイッチをオンにします。または、付属のリモコンから電源をON-OFFできます。(リモコンは、インバーター側面の差込口にコネクターを差し込んでご利用ください。)電源がONになったことを確認して、サブバッテリーシステム横についているコンセントに、家電製品のコンセントプラグを差し込んでください。待機電力が1時間に8Wほどありますので、 使わないときはインバーターの電源を必ずオフにしてください。 使用電力が合計2000Wを超えると故障の原因になりますので、ドライヤーや電子レンジなど、 大型家電の接続の際には消費電力にご注意ください。

コンセント

インバーターの電源がONになっているとき、または、外部電源に接続されているときにコンセントが使えます。インバーターからの電気を使う場合は、上下それぞれのコンセントは最大1500Wまで、両方あわせて2000Wまでご利用できます。外部電源に接続されているときは、上下それぞれのコンセントは最大1500Wまで、両方あわせて1500Wまでご利用できます。

走行充電器

エンジンをかけると自動的に走行充電がスタートします。走行充電中は、右端のランプが点滅します。充電中は、バッテリーモニターが緑色に点滅して充電されていることが目視できます。

端子台

いちばん右端が24V出力のプラス線になります。その左隣の黒色の配線が243V出力のマイナス線で、バッ直のマイナス先と兼用です。その左隣りがバッ直のプラス線です。一番左端がイグニッション電源です。車のヒューズボックスからとった配線をこちらに接続します(充電制御車のみ)。基本的には、車両からのバッ直配線を、ボックス背面のカプラーに接続するだけでOK。特別な設定は不要で、エンジンをかけると自動的に充電が始まります。充電中はバッテリーモニターが点滅して充電されていることが目視できます。

バッ直接続用カプラ

ボックス後ろ側に、赤いカプラーがついた赤と黒の配線が出ています。この配線のカプラーに、付属のバッ直ケーブルを接続してください。

バッ直ケーブル

車のバッテリーのプラスとマイナスのターミナルに、このバッ直ケーブルを接続します。プラスの配線にはヒューズがついています。

温度センサー

サブバッテリーシステム内の温度を感知して、設定した温度になると電動ファンを自動的に作動させる役割をしています。赤い数字は現在のシステム内の温度です。青い数字は、電動ファンが作動する温度です。初期設定では38℃で作動するようにしています。「SET」を押すと、青い数字を変更できます。設定温度になるとファンが作動し、2℃下がると自動的に停止します。

多機能バッテリーモニター

電圧と電流、消費電力、バッテリー残量をリアルタイムで測定できます。充電中は液晶が点滅します。

バッテリー

リチウムイオンバッテリーは、 過放電に弱いため、バッテリー残量が20%になるくらいで充電をおすすめします。0%まで使ってしまうと充電できなくなることがありますので過放電には十分ご注意ください。

排気ファン

インバーターと走行充電器には、それぞれ個別に電動ファンが内蔵されていますので、電気使用時にはそれぞれのファンが、自動で稼働します。サブバッテリーボックス内の温度が設定温度以上になると ボックス側面に取り付けられている排気ファンが自動で作動します。 夏場の車内での利用時には、 排気ファンだけでは ボックス内の温度上昇を抑えることができない 場合があります。 その場合はボックスの蓋を少し開けて 換気を促しながらご利用ください。

温度センサー

ボックス内の温度を測ります。